Linea Bianco -Memoria de la fotografía-

いろいろな場所。現代アート。アイテム。旅行。記念日。さまざまな記憶を写真にして残していきます。
使用カメラ:Nikon D7000, Olympus E-PL3, Olympus E-620, Canon PowerShot S90, iPhone4

タグ:AiAF85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

その2は東京盃(JpnII)のパドックです。
1枚目は笠松のラブミーチャン。地方馬の戦い方らしく道中2番手で早めの競馬。
直線で外にセイクリムズンを見ながらも、直線では粘り腰でセイクリムズン以下は振り落としました。
強い競馬でしたが、残念ながらのこり50mくらいで勝ちを逃してしまいました。でも、笠松のアイドルホース。JBCでの雪辱が楽しみですね。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

2枚目は勝ち馬のスーニ。3枚目はセイクリムズン。4枚目は上がり最速でセイクリムズンを競り落とし3着を確保したマルカベンチャー。
85mmはF2.5~F2.8で使っていますが被写界深度せまいのでピントがうまく合わせられず難しいです。
マルカベンチャーはゼッケンにピントが・・・おとなしく感度を上げて絞れ・・・ですかねぇ^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

最後は、ドスライス。ちょっとだけ馬券には絡めていたのですがちょっと実力上位馬とでは分が悪かったようですね。
キットレンズの18-55mmだとピントはだいぶ楽になりますが流さないとダメなSSになってしまいますねぇ。
(撮影情報は45mm、F5.3、1/80sec、ISO2500です)

うーん。難しい^^


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

最後は8Rのジョニーロード / 御神本訓史騎手。葦毛でうまく写っていたのでなんとなく。。。止まってポージングなんてしてくれると楽でいいんですけど^_^;


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

引き続き、アルファロメオ以外のイタ車たちを。。。ランチア・ストラトスとアバルト131ラリー。
私の頭の中ではこの世のものではなく完全にミニカーの世界の車でこの2車種。。。ミニカーをお家で飾ってたりします。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

数が多かったのはやはりFIATかな?NEW500のエントリーは本当に多かったように思います。
フィアット500ピンク。なぜこの車を選んだかというと、、、OZ XLINEのWAVEを履いていたから。
一時、このホイール、いわゆる梅ホイールに似ているのですが、馬蹄形ホイール欲しいなぁと思っていた時期あったのでその頃はよくウォッチしてたんです。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

500を載せたので次はこれ、アバルト500フェラーリ・ディーラーズ・エディション。リンク先はGarage ESTさん。
アバルトがフェラーリディーラーへ納めた200台だそうで、アバルト695トリビュートフェラーリとはまた違うそうです。
ちょうどオーナーさんがいらしたので、シフト下にあるシリアルプレートなんかも見せていただきました。貴重でマニアックで特別な1台です^^


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

こちらはオールドの500。同じ色で1台はかばんを後ろに載せて。。。タイムスリップした感じになりますね。
そしてアウトビアンキA112。オレンジでリコートされたピカピカのボディ。かわいいですねぇ。ボーイズレーサー風ですか?
もちろん、別の場所にもA112軍団(6,7台くらい???)がいました。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

さて、イタ車といえば、フェラーリも。F40と458イタリアです。ディーノなんかも来てましたね。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

マセラッティも結構な数きてました。クーペ、カブリオレが多かったですが、私がマセラティ所有できるならクワトロポルテがいいです^^


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

ランボルギーニはガヤルド×2。オレンジのガヤルドは、談合坂SAでも見ました。お仲間さんはTVRタスカン(だったかな?)
とこんな感じでいわゆるスーパーカー、高級車(高価格車)もたっぷり。普段見ることのできない車ばかりなのでこういうイベントは面白いですね。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

もちろん、普通の車の方が多いんですよ。上2枚はランチア・イプシロン。お洒落なスモールカーです。
展示車両としてガレーヂ伊太利亜さんが5DrになったNEWイプシロンを展示してましたね。
後ろのドアは156、147と同じようにピラー横にヒドゥンされています。でもそのイプシロンの写真はしっかりと撮ってなかったりして^_^;
もちろんFIAT勢は、500、パンダ、プントはたくさん、バルケッタ、ムルティプラもちょっとだけいましたよ。
ただ、プント、500は思ったよりもアバルト率が多かったような。。。というか、アバルトってそんなにいますか???ってくらい多かった。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

とこんな感じで、車を見るのにも多種多様でとても楽しめました^^


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

さて、このエントリーでは富士トリコローレでみさかいなく^_^;撮影した車の写真を。。。まずはアルファロメオです。
まずはジュニアZ。この頃のアルファロメオはどれも顔が好きです。後ろにいるのはガヤルドですね。。。
ヒストリックなロメオと最新のランボルギーニ。。。富士トリコローレならではの光景ですね。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

戦前のロメオ、6Cです・・・よね。1920-30年代のアルファロメオ。。。都内ナンバーのヒト桁ナンバー、、、自走してこられたのでしょうか?


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

アルフェッタGTV(あってますか?)。ベタベタに車高を下げてガングレーのホイール、、、走り屋風メイクですねぇ。
オリジナルをキープするのも良いですし、こういう風にしても様になりますね。個人的にとても興味ありです^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

次はSZ。ちょっと斜面に駐車していたので、アゴを芝生に乗せているように見えるファニーな写真。
IL MOSTRO(モンスター)と異名のあるこのデザインは唯一無二の絶対的な個性ですね。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ジュリアの・・・スプリントですか?勉強不足名ものでジュリアかジュニアかもわからないです^_^;
白のジュリアいいですねぇ。。。いつでもどこでも、どんな個体を見てもキレイです。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

こちらはヌヴォラホワイトでリコートされたGTV。要所要所をカーボンシートでDIYされていてとてもクールな感じでした。
リップのトリコロールは傷つけちゃった後のキズ隠し・・・とオーナーさんがおっしゃってましたが、白いボディにいいアクセントですね^^

こんな感じで、数も多かったのですが、ヴィンテージのロメオから、モダン・アルファまでさまざまなアルファロメオがいましたよ~。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

富士トリコローレも近づいてきましたね。
今日は、イベントへ向けてテンションを上げていこうとイタリア旅行で撮影した車の写真を整理していました。
全部の車の写真からピンボケやコレはダメでしょ・・・的なNG写真を切り捨てたとりあえずKEEPは65枚。。。あら、思ったよりも多いですねぇ^_^;
どうやって紹介しようかなぁと思っていたのですが、やっぱ車種別が良いかなぁと思って今日からバシバシuploadします。
図鑑的写真、WB補正できてないが多くて退屈かもしれませんがそこもご容赦を。。。なかなかイタリア旅行なんて行けないんで失敗しない写真撮り・・・です^_^;

まず、ジュリエッタの写真。テールランプが下へ伸びるこのたれ目な感じのLEDテールランプ。。。アウディがA4辺りが最初???
ともかく流行ってますねぇ。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

マフラーは左だしのものと左右出しのものがありますねぇ。左だし用のバンパーに左右だし用のふくらみや切り欠きはなかったのでバンパーは別物ですね。
リアドアーをCピラーに隠すのは156、147以来の引き続き。。。最近はNISSAN ジュークが同じ方式ですねぇ。。。
ま、アルファオリジナルではなく、過去もあったやり方らしいですけど。。。(たとえばマツダのFD RX-7のフロントドアとか。。。)
ともかく、初めて後ろの席に乗る人が・・・「どうやって開けるの???」というのはこのささやかなギミックが最大限にはまった瞬間です^^

ホイールは5本デュアルのスポーク(16インチ?)と10本のフィンタイプ(17インチかな?)があるようですね^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

続いて黒。1枚目はフィレンツェ。2枚目の流し撮りびみょーに失敗の写真は既出のものです^^
黒もソリッドカラー。国産高級車ほどの深み感、漆黒性は感じないけど、黒のアルファ・・・(向こうではロメオといわないと通じないですけど^_^;)
に乗っている人はちょっと車を大事にするタイプ(ちょっと裕福な人)かもしれませんね。
そのくらい、イタリアの人は車の管理がずさん。。。キズ、ホコリ、フロントに付いた虫の汚れとか・・・全然気にしてないです^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

次はシルバー。スペイン広場前のブティック街へ乗り付けてました^^
ジュリエッタに関してはシルバーも少なかった気がします。。。ダークでもなく、ライトグレーでもない普通のシルバーはジュリエッタにはちょっと地味かなぁ。。。
こんな感じで、意外にも(とはいえよく言われていることですが)アルファロメオは赤!!!! っていうのは日本だけなんですよね。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8GI

最後に赤メタ。159世代のルビーノレッド・・・でしたっけ、あれと同じような色です。日本に正規輸入されたら1/3以上はこの色になりそう^^
右後ろドアにへこみあるんですけど。。。やっぱ外装の傷はあんまし気にしないんですねぇ。。。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

これも、アフター5スター賞の日のお話です。この日のお昼はとっても青空でした。


Nikon D7000 AF-S DX 55-300mmF4.5-5.6G

今日がデビュー戦、新馬のドラゴンカントリー。鞍上は戸崎騎手です。
戸崎騎手といえば、中央(JRA)の騎手免許受験の願書を提出したということでニュースになっていましたね。
地方の人気ジョッキーがまた中央へ流出か・・・と嘆く方もいるだろうし、待遇を考えれば自然な流れとも・・・
(野球選手がメジャーへ流出するのと似ているといえば似ていますかね)
いずれにしても、地方で築き上げた実績と、今年、中央でのG1勝利があっての考えでしょうから、応援したいです。


Nikon D7000 AF-S DX 55-300mmF4.5-5.6G

続いて、4Rのパドックでは、女性が引き馬をしていました。
TCKのヘルメットやウェアを着ていないことからすると、実習生的な方なのでしょうか。。。男ばかりのこの業界で一輪の花ですね~。


Nikon D7000 AF-S DX 55-300mmF4.5-5.6G

その4Rのゴール直前。やっぱ、昼間であればかなりクリヤーに撮れますねぇ。。。
アオイヤックルはちょうど飛んでます。よく、ワンコの撮影をするときに飛行犬^^ というのがインパクトある写真ですが、
競走馬は、ギャロップのリズムの中で完全に4つの足が離れている瞬間があります。飛行馬??ですね。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

これは6Rの4角。わざと開放で、いわゆるミニチュア風に・・・もちろん、画像加工は行っていませんよ。
明るい中望遠レンズを使えば、画像加工無しにこんな写真も撮れたりします。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

暗くなってくると、望遠ズーム使うよりもこのレンズを使ったほうがストレスはないです。
全体を写しこめませんが、切り取り目線で色々な表情を狙って。。。

こんな感じで、馬券買うというよりは競馬を楽しんでました^^



Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

先日、電力使用制限令の解除が早まったニュースがありましたが、うちの会社は火、水曜日がお休み。。。
ということで、大井競馬場までトゥインクルレースを見に行ってきました。火曜日ですが最終日でアフター5スター賞(SII)がメインレース。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

夕方前から競馬場で写真撮ったり、馬券買ったり、ニュース見たりしてましたが、このエントリーはメインレースに関してのエントリーです。
上の写真はメイン直前10Rのパドック。火曜日、しかもメインはSIIだというのに人多いですねぇ。ちょっとビックリしました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

10Rと11Rの間になって雨が降り始めました。。。せっかくのメインなのに残念。ということで傘差しながらパドックの写真撮影です。。。
コンパクトで丸フードつきの標準レンズならなかなか雨はレンズにかかりません。が、SSが稼げないのでパドックなのに流し撮りです^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

前2走を連勝して圧倒的人気(単勝1.4倍)のブリーズフレイバー。鞍上は今年中央のG1を制覇した戸崎騎手。
この日は、すでに3勝を挙げてましたが、圧倒的人気の重い責任を背負った真剣な表情です。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

上から、2番人気のコアレスピューマ、中央からの転厩したばかりのタカオセンチュリー、モアザンスマートです。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

パドックが終わったらささっと馬券を購入して、本馬場へ。。。中央とは違い、パドック~本馬場までが近いのでもう返し馬が行われてます。。。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

さてファンファーレ。1200mは向こう上面からですねぇ。。。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

今回は、ベンチ中段から明るいレンズで狙ってみました。全体を写しこむには十分でしたが、ちょっと迫力に欠けますねぇ-_-;
ただ、のこり100mで先頭までまだ3馬身あった(真ん中の写真)6番、モアザンスマートの追い上げっぷりがしっかりと写されてました。。。
大井1200mで35.6のあの追い込みは凄かったです。。。ちなみに、1枚目の写真では右から3つ目の馬(赤いメンコと黄色い腕わかりますか???)

で、レース結果はタカオセンチュリー、ダイワシークレット、モアザンスマートということで中央からの転厩馬のワンツースリー。。。
1番人気のブリーズフレイバーは4着でした。

マニアックな写真になってしまいました。。。ケースバイケースでしょうが、やはり望遠レンズでもっと大きく写すべきですかねぇ。。。^_^;

このページのトップヘ