Linea Bianco -Memoria de la fotografía-

いろいろな場所。現代アート。アイテム。旅行。記念日。さまざまな記憶を写真にして残していきます。
使用カメラ:Nikon D7000, Olympus E-PL3, Olympus E-620, Canon PowerShot S90, iPhone4

タグ:AF-SDX18-55mmF3.5-5.6GII


Olympus E-PL3 Panasonic Lumix G 14mmF2.5

今日、オートラボ湘南さんから修理に関する近況を聞きました。
どうやら、外装の修理は完了したようです。でも、アルファスポルトの左右出しマフラーはすでに生産終了とのこと-_-;
相手のナンバープレートとの接触痕(オレンジ色)があるので、確実に接触はしていますが、見た目と機能のダメージは少ないだろうとのことで
明日以降、その辺をしっかりみてもらって接触部の修繕を行ってもらうような段取りとなりました。
で、レプリカナンバープレートも破損してるのですが、1枚目の写真がその代替品です。

富士トリコローレに出店していたAUTO SPECさんの掘り出し物市にあったナンバーです。
私は、前後に同じプレートをつけてるので、在庫の中から2枚あった05年MIで数字部分が156のプレートを購入です^_^;

これまでは、147の登録年度である06年RO(これはローマではなく、ヴェネト州ロヴィーゴ県のものらしい)プレートでしたが
一応、147後期型は05年からなので、05年MIでOK...ということで^_^; 県名は分かりやすくなりましたね。ロンバルディア州ミラノ県です。
ということで、イタリア旅行でたまたま撮影してたナンバープレートの写真を数点引っ張り出してきました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ローマで撮影したデルタ。年号と県名は書かれてないですね。ローマでは多くの車がこのようなナンバーでした。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

で、探せばROMAナンバーもあります。こちらは06年ROMAの107。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そしてフィレンツェで撮影したスマートはFIナンバーです。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

一方、フロントナンバーはといいますと、、、ごらんのように一回り小さいです。横幅は日本のナンバープレートとほぼ同じ。。。
なので、かいば147のフロントは完全にウソ仕様^_^; なのですが、左右のブルーがアクセントになるのでアクセサリーとしてつけてます。
フロントにも、リアと同じサイズのユーロプレートを挟みたかったらイタリアではなくドイツやフランスのものにすると良いです。
でもフランスの場合はフロントが白地で、リアはオレンジが地色ですのでご注意を^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

イタリア旅行の写真を引っ張り出して眺めてましたけど、また行きたいですねぇ。。。今度はミラノへも。
あ、最後の写真はフィレンツェです。旧プントのPOLIZIAです。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

7月1日はヨメさんが里帰りしているのでパートナーがいないのですが勢いで応募しちゃいました。。。「FIAT 500 PIC-NIC 2012」です。
とにかく焦っていたので大人1名という、なんとも枠潰しな応募をしてしまった。反省-_-; というか、もう応募締め切られちゃってます。早^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

こんなちっちゃな500が頑張って走ってる姿を見られると思うと楽しみです。。。
上記の通り、お一人様、、、ですので誰か好意のある方いらっしゃいましたらご一緒させてください^^;;

さあ、明日は天候イマイチっぽいですが、シラスオフです^^ 車も洗ったし、、、雨降らないでねぇ。


Nikon D7000 AF-S DX 18-55mmF3.5-5.6GII

うーん、使いましたねぇ。購入時についていたタイヤはGOODYEAR EAGLE F1 GS-D2。5.6万キロ走行後のフロントタイヤの写真です。
ロードノイズや乗り心地には鈍感なものでここまで使っちゃいました。で、次のタイヤを何にしようか考え中です。
欲しいタイヤは、ワインディングが楽しく、それでいて静かでライフが長い安めのタイヤ・・・そんなのないんですけどね^_^;

なんとなく~、で選ぶなら、経験のあるピレリのp-zero neroなのですが、不満はなさそうだけどさすがに設計も古く、
かといって格安ではないのでちょっとだけ躊躇。P7000やドラゴンまでは下げたくないし-_-;


D7000 Tamron AF17-50mmF2.8(A16)

オートサロンの写真より。。。ヨコハマはどうかな。
S.driveは比較的安価で(p-zero neroと同じくらいかな?)良いんですが、いわゆるプレミアムタイヤのクラス、ADVAN SPORTSもいいかなぁ。
ミシュランのパイロットスポーツ3もよさそうだけど結構高い。。。無意味に17インチというところが響いてるんでしょうか?
コストコでは10万コースでした(1本あたり2.5万ちょい)。S.driveの値段も聞いてみたのですが、ほぼ同じ(これはちょっとおかしくない?)


D7000 Tamron AF17-50mmF2.8(A16)

ダンロップかぁ。。。アルファロメオとあまりなじまなさそうな名前(あくまでもイメージだけです^_^;)
でも、新しいMAXXシリーズはPS3と比較できるほど結構評判が良いみたいで、、、PS3よりも安いみたいだしいいかなぁ。。。

普通の国産車に乗ってたなら間違いなくNANKANG(台湾)のNS-2(5000円/1本)とかにいくんだけど、
コスパは重要視するといってもそこまでは踏み切れないです。。。
1月、5月、8月以外はそんなに走らないので、春には交換終了を目標に。。。良い情報あればだれか・・・教えてくださいね^^


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

その2は東京盃(JpnII)のパドックです。
1枚目は笠松のラブミーチャン。地方馬の戦い方らしく道中2番手で早めの競馬。
直線で外にセイクリムズンを見ながらも、直線では粘り腰でセイクリムズン以下は振り落としました。
強い競馬でしたが、残念ながらのこり50mくらいで勝ちを逃してしまいました。でも、笠松のアイドルホース。JBCでの雪辱が楽しみですね。


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

2枚目は勝ち馬のスーニ。3枚目はセイクリムズン。4枚目は上がり最速でセイクリムズンを競り落とし3着を確保したマルカベンチャー。
85mmはF2.5~F2.8で使っていますが被写界深度せまいのでピントがうまく合わせられず難しいです。
マルカベンチャーはゼッケンにピントが・・・おとなしく感度を上げて絞れ・・・ですかねぇ^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

最後は、ドスライス。ちょっとだけ馬券には絡めていたのですがちょっと実力上位馬とでは分が悪かったようですね。
キットレンズの18-55mmだとピントはだいぶ楽になりますが流さないとダメなSSになってしまいますねぇ。
(撮影情報は45mm、F5.3、1/80sec、ISO2500です)

うーん。難しい^^


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

最後は8Rのジョニーロード / 御神本訓史騎手。葦毛でうまく写っていたのでなんとなく。。。止まってポージングなんてしてくれると楽でいいんですけど^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

今回は東京盃で撮影したスナップを。。。
色々と競馬写真の幅を広げようと頑張っているのですがなかなかうまくいかないですねぇ。。。
本当はメインレースでこういう表情が出ている写真を撮りたいのですがピントあわせが・・・機材のせいにしちゃだめですねぇ^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

外ラチ(柵)で脚が切れないようにスタンド上部から望遠で狙うのですが、少々解像感不足?? ピントの問題と流し撮りの腕のせいもある・・・難しい-_-;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

もうすこしビタっと止めたいけど、真横は少々慣れてきました。3Rのメモリーファラオ / 的場文男騎手。
見事な逃げ切りでした。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

だいぶ日が傾いてきました。5Rパドックは広角レンズで。直線は望遠レンズ。
1枚目で写っている馬はリリーマルレーン号。この名前を聞いてドイツの曲をイメージしますか?シーマ・ガラハウをイメージしますか?
私は後者でした。どうも名前が焼きついてしまい馬券購入したのですが残念でした^_^;
そういえば、同じ地方所属のアムロと中央で頑張っているシャア。。。この3頭が競演(競争)する姿を見てみたいです^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

E-620→D7000にして良くなったなと思うのは黒鹿毛の描画。
E-620は本当に低感度で撮影しないと真っ黒orノイズだらけになってしまうんですが、D7000だと少々質感が出てきます。
この馬はマイネルロワイヤル・・・ちょっと暴れすぎですねぇ。。。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

このレースは1500mなのでゴール前ですがあと1週あります。前の馬が手綱を抑えているのでわかりますね。
相変わらずスタンド上部から俯瞰で流しているのですがなかなかうまくいかない。。。というか当たりが少なすぎです-_-;
SS優先でいいかなぁと思っていたのですが、ゼッケンがやはりオーバーのようで、あらかじめ露出補正するかMで決めちゃったほうがよさそうですね~。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

大井競馬場へ東京盃を見に行ってきました。今回はとても豪華なメンバー
笠松からラブミーチャン(名古屋でらっとS、船橋きらっとS)が、そしてJRA勢からはセイクリムズン(根岸S、かきつばた記念)、スーニ(サマーチャンピオン)、
ドスライス(盛岡クラスターC)。南関東代表はナイキマドリード(さきたま杯)、ブリーズフレイバー他アフター5上位勢でしょうか。。。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 55-300mmF4.5-5.6G

そして勝ち馬は内差しを鮮やかに決めたスーニ。ピークを超えてしまったとも言われていたスーニですが、
見事、サマーチャンピオンに引き続きの重賞制覇で復活をアピールですね^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

内差しを鮮やかに決めた川田騎手。。。おみごとでした^^ あ、ちなみにピントは川田騎手ではなくスーニです^_^;

このページのトップヘ