Linea Bianco -Memoria de la fotografía-

いろいろな場所。現代アート。アイテム。旅行。記念日。さまざまな記憶を写真にして残していきます。
使用カメラ:Nikon D7000, Olympus E-PL3, Olympus E-620, Canon PowerShot S90, iPhone4

カテゴリ: Art


Nikon D600 Tamron Af28-75mmF2.8(A09)

さあ、夕食です。enaさんはなかや旅館さん特製のおじや。鶏だしと昆布だしがきいたとってもおいしそうな一品。
食事しながら遊びモードに入ったり、いやいやしたりすることのあるenaさんですが、パクパクと食べました^^


Nikon D600 Tamron Af28-75mmF2.8(A09)

で、私達の夕飯はこちら。こちらが最初のお膳です。
山の中なので~とおもいきや、マグロが。。。浅く塩漬けにされたマグロは醤油無しでわさびはお好み。。。おいしかったです。


Nikon D600 Tamron Af28-75mmF2.8(A09)

あとは鴨のロースト。。。これは香りといい柔らかさ(火の通り加減)といい、絶品でした^^
これあれば日本酒いくらでも飲めそう。。。ちなみにこの夜はemiもまだ飲めないので普通にビールだけにしておきました。
ボトルワインやチーズのアペリティフなどの案内もあったのでとっても気になってたのですが、、、けっこう面白い宿です。


Nikon D600 Tamron Af28-75mmF2.8(A09)

こちらは鮎。。。串打ちして焼かれた川魚はやっぱ風情がありますね~ 冷める前にパクパクです。
あとは、ご飯と芋似(シェフが秋田出身なので出してるんですって)、ちいさなうどん、、、とまあ、こんな感じでおいしくいただきました。


Nikon D600 Tamron Af28-75mmF2.8(A09)

翌朝はもうひとつの外湯へ。。。宿泊日の夕方~夜は貸切なのですが、その後は、半分が男湯、半分が女湯になり、チェックアウトまで自由に入れます。
今回は、こちらは男湯だったので両方入ることができました。こちらにもベビー専用浴槽・・・あります^^



Nikon D600 Tamron Af28-75mmF2.8(A09)

とはいえ天気は雨。。。お部屋の窓からは運よく上越線の電車が見えました。。。2両編成^^
とまあ、こんな感じで11時までゆっくりして、その後は高速でピューッと帰宅。
行きは渋滞もあって、川崎→中之条で3時間以上かかってたんですが、帰りは宿から家まで2.5時間。。。

ということで、中之条&湯檜曽温泉レポは終了です。。。
でも、たぶん来週あたり、もう一度中之条へ行く気が・・・・・・します^^


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

引き続き、中之条ビエンナーレの写真です。こちらは、「SATORI」内の展示、堀越達人さん「Tell me the truth」の一部。。。
全景も収めてはいるんですけど、これは実際に見てもらおうかなぁという感じで^_^;


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

続いては、藤原京子さんの「ビフレスト -橋-」。薄暗い屋内にかけられたガラスのつり橋。。。
雰囲気がとても好きでしたが、写真はもうひとつ・・・かな? これも現地の方が何か感じられると思います。。。


Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

続いては「旧コンビニ」。上野昌男さん「記号の家 -The House of Signs-」です。
こちらではワークショップ的な空間になっていて、フェルトを切り抜いて自分で好きな文字、絵をぺたぺたと貼り付けよう^^
みたいな場所になっています。emiも私もフェルトとはさみ、両面テープで一応ここにきた証を残してきました。
(まあ、数日立ったら、また新たなキャンパスにするためはがされてるんでしょうけど^^)

ENA_2754
Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

続いては「通運ビル」。この白い空間がアート作品・・・ではなく、そこにかけられた写真が作品です。
まっ白く塗られた部屋の中で、enaさんは浮遊感を味わっています^^


Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

この建物から見た中之条駅。。。そう、「旧コンビニ」と「通運ビル」は中之条駅のすぐそばです。
実はここ、、、都内からだと湘南新宿ラインで高崎から吾妻線への1回乗換えでここまでこれます^^


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

enaさんと一緒なので今回は中之条エリアを7割程度散策するのでタイムアップ。
時間はすでに15時になっちゃいました。。。中之条ビエンナーレはここまでにして宿へ急がねば~


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

さて、、、2週前くらい(9/14)のお話になっちゃいました。中之条ビエンナーレ2013の写真達です。
旧廣盛酒造という、明治時代からの蔵元。。。昔のままのたたずまいを残しつつも現代の建築家の手が入った建物になります。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

松枝美奈子さん「赤の庵」、小野さやかさん「葉脈のカーテン」、古川葉子さん「彫りダシモノ」です。
写真ではこーんな感じというくらいしかお伝えはできないですが、現地では触れるほどの距離から見ることができ、
「赤の庵」では、自分の願いを短冊にこめてこの作品につるすことができます。
(私達はenaさんの髪が早く伸びますように~と書きました^^)


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

同じ建物で目にしたビエンナーレ2009のステッカー。。。中之条ビエンナーレは今回で4回目。。。
2007、2009、2011、2013の数字があちこちで記念に書かれているのでしょうね。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

こちらは情報スペース、催し物、アート展示、お土産、などなどの役割を担っている「つむじ」というスペース。
私達はここでパスポートを入手しました。

場所は中之条駅から大きな道沿いに西へ1km程度でしょうか?車ならびゅーんと。電車の人も徒歩でアクセス可能です^^

p.s.
そうそう、lovedoorブログでは短縮アドレス「●●●.blog.jp」が無料で取得可能になったようです。。。
このblogは「http://gh937ab.blog.jp」でアクセス可能になりました。これまでのアドレスも転送されるので有効です。
lovedoorブログをお使いの方は気に入ったIDは早い者勝ちだそうですので、ぜひご入手を^^


Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

先週末の3連休(とはいっても、月曜日は出勤日だったので普通の土日^_^;)に、中之条ビエンナーレを見に行ってきました。
ビエンナーレなので2年に1度のアートイベント。私達は初参加ですが、今回が開催は4回目です。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

土曜日の朝、わりと普通の時間に川崎を出発~ となると見えているのが関越道下りの渋滞^_^;
鶴ヶ島JCTでの写真ですね~、ちょっと懐かしい走り屋系の100系チェイサーの後ろなんかをだらだらとついていきます。。。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

そんなこんなで群馬県へIN。上里SAで最初の休憩。。。ここまでenaさんはぐっすりと朝寝してくれました。



上里SAを出発して、渋川伊香保ICで高速をOUT。その後1時間弱で中之条に到着です。
中之条ビエンナーレのレポはまた後日~ということで、こちらはオフィシャルグッズ達。。。
この布バックなんてなかなか良い感じ~ こういうグッズの物色もアートイベントの楽しみだったりします。



Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

さあ、今回でラスト。。。瀬戸内国際芸術祭とも、直島ともおさらばです~
いつもながら、船が離岸するこのときはデッキに上って宮ノ浦港を眺めてるとような気がします。。。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

そして、emienaを客室に残してちょっとぶらぶら。。。宇野港へ向かう船からは右手に三菱マテリアルのプラントが見えます。
ここは、以前は三菱マテリアル直島製錬所の煙害により近隣に多大な被害を与えたそうですが、今は産廃処理、エコプラント事業が
展開されているそうです。(詳しくは知りませんので興味ある方はご自身で調べてみてくださいね^_^;)


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

そして宇野港に到着。。。宇野エリアもアート作品がちらほらと見られるようになってきました。
写真の看板は荒木経惟さんの写真ですね~ ちょっと怖い感じがするんですけど、はっきりとした色彩、、、
完成度の高いディスプレイは一貫したものを感じます。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

宇野港周辺にはなかなかおしゃれなお店も増えているみたいです。こちらは雑貨屋さんの「ボラード」さん。
なかなか興味をそそる雑貨達を取り揃えていました。。。で暑くて水分不足だったので冷たいコーヒーをいただきました^^


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

宇野港エリアにも屋外アートはおいてあります。。。こちらは「宇野のチヌ」。。。チヌというと、西日本の方言?でしょうか?
堤防の近くでつれる黒鯛のことですね~ 私はチヌ釣りしたことはないですが、なかなかの駆け引きが楽しめるそうで^^


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

とまあ、色々なアートをたくさん拝見して今回の1泊2日、瀬戸内アートの旅は終了です。
今月はちょいと温泉旅館へ行こうと思ってまして、、、予定が合えば、中之条ビエンナーレも観覧予定です。
enaさんがチビッコなので、、、と思ってたんですが、大人達(emiかいば)もけっこう楽しめる年になってるみたいです^^


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

さ、たぶんみんなが知っていて、そしてここは行ってみたいなぁと思うだろう場所です。。。直島の黄カボチャ。
ここの草間彌生「南瓜」は1994年の設立。来年で20年ですね。今もなお愛されているアート作品です。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

enaりんとツーショットカボチャ。。。すでにenaりんはどっかに歩いていこうとしていますが^_^;
次は、物心ついたときに、、、連れてきたいなぁ。。。どんなリアクションするか楽しみ。。。


Nikon D600 Tamron AF28-75mmF2.8(A09)

もっとしっかりとした写真を撮ろうと頑張らなかったのは、きっとまた来るから・・・というのと、
ご覧の通りの人気っぷりだから。。。別にルールも監視員もいないけどみんな交代で2,3ショットをとって交代~みたいな感じです。
アートはみんなのもの・・・ですから^^


Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

屋外を歩き続けると暑すぎるのでベネッセハウスミュージアムへ。。。
とはいっても、ミュージアムショップ等の無料スペースでちょっと涼んでました。
こちらは、テレジータ・フェルナンデス「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」。。。スパンコールみたいに通路を飾っていますが、、、


Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

一つ一つは四角のガラスと鏡。。。なので真正面から対峙すると、私達が写ったりします。
ちょうどこうやって、近寄って撮影していると、、、男女4人組みの別の人達に真似されました^^


Nikon D600 AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G

昼下がりに高台から海を眺めると空と海の青色がとっても綺麗。。。
このエントリーはめずらしく青色多めだったので、写真を全体的に色濃い目にしてみました。
この後は、バスで直浦港へ戻って直島観光終了です~ 最後に宇野港の写真を次エントリーで数枚紹介して今回の旅は終了です。

このページのトップヘ