Linea Bianco -Memoria de la fotografía-

いろいろな場所。現代アート。アイテム。旅行。記念日。さまざまな記憶を写真にして残していきます。
使用カメラ:Nikon D7000, Olympus E-PL3, Olympus E-620, Canon PowerShot S90, iPhone4

カテゴリ:Travel > Italy 2011


Canon PowerShot S90

さて、最終日の朝。いままで朝食の写真は一枚もお見せしてませんでしたが、毎日こんな感じ。。。
パン、ハム、チーズ、ヨーグルト、カプチーノ。。。みたいな。なので野菜不足だったんです^_^;
今回は三ツ星か四ツ星のB&Bだったからなのかもしれませんが、朝食は野菜たっぷりフルーツたっぷりのペルーの方が格段に良かったです。


Canon PowerShot S90

やっと昨日GETできた「帰国のための渡航書」。大事な書類なんですが表紙だけなら写真載せてもかまわないですよね。
皆さんはこれを手にすることのないように海外旅行を楽しんでください^_^;


Canon PowerShot S90

さて、テルミニ駅からレオナルド・エキスプレスに乗って空港へ向かいます。


Canon PowerShot S90

帰りもFIN AIR。もちろんヘルシンキ経由です。ヘルシンキまではEU圏内なので手続きはすんなり。。。


Canon PowerShot S90


Canon PowerShot S90

出発まで時間あったのでちょっと飛行機をパシャリ。1枚目はイベリア航空。スペインの航空会社なんですね。はじめてみました。
2枚目は、、、光線状態も窓の具合も悪かったみたいですがeasyjet... こちらはかなり怪しい航空会社かなと思っていたのですが、
イギリスで急成長中の会社なのですね。。。安全性とか・・・ちょっと知りませんが^_^;

さて、ヘルシンキ空港に着いたら免税手続きです。


Canon PowerShot S90

実は、FIN AIRを使用してアジアへトランジットする便は、1時間の間に、~羽田、~関空、~中部国際、~韓国などなど多数の便が一斉に出発するため
かなり免税手続きのカウンターが混んでいます。トランジットの時間も1時間~2時間ということが多いのでハイシーズンは要注意です。
出国手続きに間に合わないと飛行機乗れなくなっちゃいますからねぇ。


Canon PowerShot S90

私はムーミンショップとか見て回ってました^^


Canon PowerShot S90

出国ゲートでは、検査官の人に、「おービューティフル(富士山のホログラムがきれいなんです。渡航書^_^;) 盗まれたの?? どこ??」
みたいに話しかけられ、「ローマです。。。」と。「財布も取られたの???」「いいえ」「本当にあそこはおおいからね~」なんて会話をしながら通過。。。
引継ぎのフライトで成田へ・・・です。ここでヨメパパ、ヨメ弟、ヨメ妹は、ここからは別の便(中部国際空港行き)なのでバイバイです^^
で17日の朝、成田に到着して、白いアルファ147に乗って帰宅しましたとさ。。。

と、こんな感じで1週間でイタリア旅行楽しんできました。長々と読んでくださってありがとうございました。
今後はちょっとだけ普通の更新に戻って、折を見てほかの写真(街とか車とか)をまた載せていこうと思います。。。

さ、明日は金曜日(かいば的には)。。。もう一日お仕事がんばります^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

さて翌朝です。大使館の待ち合わせは午前11時。少し時間ありますので寄り道をしながら(遅刻しないように)向かいましょう。
まずは、サンタ・マリア・マジョーレ教会へ。昨日、夕日に照らされていたあの教会です。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

今日は8月15日。聖母マリアの祝日なので、教会ではミサが行われます。
この教会では、観光客も教会内に入ることができ、もちろん信教者さんが入れる場所までは入れませんが、ミサの見学ができます。
厳かな儀式をちょっとだけ拝ませていただきました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そのあとは、レップブリカ駅から在イタリア日本大使館へ。。。途中、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会がありましたが、外装工事中。。。
シートには教会の外観がプリントされていました。ここも、映画「天使と悪魔」で登場した教会ですね。きれいな姿が見れなくてちょっと残念。

DSC_4547

Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

こちらはモーゼの噴水の彫刻。立派なモーゼさんが鎮座していました。

この辺りから歩いて10分ほどで在イタリア日本大使館へ到着。10時50分。そのころには私たちのほかにあと2組の日本人が。。。
1組は、フランス留学中の女性でパスポート紛失のようです。彼女の彼氏(フランス人かな?)イタリア留学中のお姉さんと、日本から観光のご両親が一緒でした。
この5人の会話は、日本語、英語、イタリア語、フランス語が交じり合うクァドラリンガル(←って言葉あるんですかねぇ。。。)なご家族。
もう1組は、これから空港へ向かって帰国するだけのシングルの男性。パスポートだけでなく、お金、クレジットカードすべてを取られてしまったようです-_-;

ご家族の方に関してはイタリア→フランスへの移動ということでパスポートの再申請を申し出ていたようですが、フライトが当日ということもあり、
空港&フランス側へ話をつけてもらって、パスポート無しでの渡航となった模様(EU圏内の移動なのでとりあえずは何とかなった模様)
一人旅の男性に関しては渡航書がでればよいのですが、お金もなく、帰国に必要なチケットがないため難航しているようでした。。。
(渡航書の発行には帰国の航空券orEチケットが必要)

私たちは、そのまま渡航書をもらって・・・のはずだったのですが、プリンターの調子が悪いらしく、渡航書のプリントに時間がかかりそうとのこと。。。
もういちど17時に来てくれないかといわれちゃいました。。。まあ、お腹も減ってくる時間だったし、何時に復旧するかわからないプリンターを
待つわけには行かないので、まずは、よろしくおねがいします。渡航書のほうはよろしくお願いしますとつたえていったん退出。。。

じゃあ、ちょっとだけ観光しましょ、ということでコロッセオ方面へ。。。

DSC_4551

Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

テルミニ駅から地下鉄で2駅。コロッセオ駅をでると、でかでかとコロッセオ登場。。。でかいですねぇ。。。入りきらない^_^;
チケット売り場は大混雑だったのでフォロロマーノ側のチケット売り場へ移動して購入(コロッセオとフォロロマーノは共通)。

ちなみに、、、写真を見ていて気づいたのですが、左下に写っている407は、リアナンバーが黄色いのでフランス登録の車ですね。
旅行でここまで走ってきたんでしょうか。。。

大使館での17時の待ち合わせまでに両方はいけなさそうだったので、古代遺跡跡のフォロロマーノを探索。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

なんか、聖闘士星矢(ご存知???)な場所でした。サンクチュアリ・・・って感じ。3枚目なんてまさに。。。
ま、歩いていてもふーんって感じもしなくもないけど、これが2000年近く前の遺跡ですから。。。
(日本でAC200-300年といえば、弥生時代くらいでしたっけ?吉野ヶ里遺跡はそのくらいの時期でしたっけ???)


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そのあとは、、、再び日本大使館で渡航書を無事GETしたあと、スペイン広場へ。。。
渡航書で免税できるのか心配だったんですけど、ヨメさんが買い物したいといっていたので^^
・・・miu miuでバックを2つも買ってました^^ ちなみに、渡航書での免税手続き・・・できました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

その後は夕方のポポロ広場へ(このあたりは2週目ですね~)向かい、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会へ。
この時間帯は中に入ることができました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

DSC_4671

Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ここも、「天使と悪魔」の舞台。キージ礼拝堂等が登場していたのですが、、、写真撮り忘れています。。。
というか、ここは、典型的な宗教画もあるのですが、骸骨のモチーフが床に埋め込まれてあったり、
貼り付けにされたキリスト(かな?)、ミイラなどなど死を連想させるモチーフが多くありました。

DSC_4677

Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ちょっと冷黒調な感じの写真。どことなく、冷たい感じがしないでもない教会ですが、カトリックの人たちはどう捕らえるんでしょうね。
また歴史背景などを調べてみようかなーと思います。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

夕方前にローマへ戻ってきました。。。チェックインを済ませた後、何しよ。。。ということでレップブリカ駅へローマ三越へ行ってきました。
日本語も通じるし、まあそこそこの品揃えもあるのでとりあえず小一時間でも時間あったら一度立ち寄ってみるのがオススメです。。。
アレッシーのキッチングッズや、べスパのミニカー、お菓子類(私が興味あるのはこっちなもんで^_^;)はもちろん、
一部のブランドはここにも入っているので免税手続きが楽チン。
そして、そこから宿までは徒歩で帰宅。1枚目の写真は帰り道のジェラテリア。ここも2.5€。暑かったせいもあり・・・食べちゃいますねぇ。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

顔隠す必要あるかなぁ。。。このとおりご満悦。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ローマを歩けばロメオに当たる・・・、シルバーのジュリエッタが走り抜けていきました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ここはオペラ座。オペラ好きな人だったらイタリアでも観たい!!って方も多いんですかね。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

明日(8/15)はここでミサを見学してみる???(観光客目線でごめんなさい)宿近の教会を発見。。。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そのあとは駅のデパートにあるSABONでスクラブをご購入。。。あ、またトランクの重量が・・・
ワイン、バルサミコ、オリーブオイル・・・とビンものがすでに沢山なのですが大丈夫でしょうか。。。ちょっとヒヤヒヤです。
そして、今夜のお食事は・・・・・・ スーパーで食材を買ってホテルのお部屋で持ち込みパーティー・・・にしました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

DESPAR(デスパール・・・かな?)のVINO ROSSO。250ml入りの紙パックワイン。なんと0.25€。あら水よりも安いですね。
高級ワインを特に求めていない私たちとしてはとても興味のあった一品です。ちなみにお味は・・・意外と、無難に、おいしいですよ。
あとはCONADでは1Lで1.2€の紙パックワインも。。。こちらも飲んじゃいました^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

イタリアのトラットリアやピッツアリアでは野菜メニューが乏しくが不足気味だったので、この日は野菜ボウルを購入。たしか3€弱。
オリーブオイル、ソルト、バルサミコ酢が入っているんですからとてもおいしくいただけます。
写真なかったけど、あとモッツァレラチーズも購入しました。約1€。。。なんだけどとてもおいしい。ワインともサラダともよく合います^^
日本では、お値段手ごろなモッツァレラには手を焼いて(はずれ多し)いるのですが、その味の薄い安モッツァレラよりも安くてうまい。。。そりゃあピザがおいしいわけですね。
ピッツァも量り売り。。。そしてオーブンで暖めてくれるのでまあまあ良い感じ。。。(この写真、WBがどうしても合わない-_-;)

こんな感じで、帰宅を気にすることもなくお安いワインをたらふく飲みながら4日目の夜はふけていきました^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

旅も後半戦(5泊7日です)、4日目のスタートです。激混みで有名なウフィッツィ美術館の入場列へ並びに行きます。
途中、イノシシの銅像さん。みんなお鼻を触ってフィレンツェへの再訪を願うんですね。鼻の頭はつるつるになってました^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

さて、ウフィッツィ美術館へ到着。。。入館予約をしていればこんなことをしなくても良いのですが、そうでなければこんな風に並んで入ります。
15~20分間隔で先へ通されます。金属探知機による荷物チェックをすませて入場。。。
ここはボッティチェリ、ダ・ビンチ、ラファエロ、ミケランジェロ、カラバッジョなど等。知っていれば知っている人ほど回るのに時間がかかりますね。
午前中は日本人観光客のグループも大勢いました。この方々は飛び飛びでハイライトとなる作品を見て回ってる模様。
私たちはそれを参考にしながら、あとは自由に観覧。結局3時間近くはいたんでしょうか。。。お腹一杯に美術鑑賞しました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

館内は撮影禁止なのですが、途中、ポンテ・ヴェッキオを見下ろす窓際だけは撮影OKのようです。ちょっと高みから見るとまた雰囲気ありますねぇ。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ウフィッツィ美術館のカフェから。。。壁に囲まれていますがドゥオーモとジャッドの鐘楼が見えます。
このどちらかにこの後登ります^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

ドゥオーモ方向へ行くのはちょっと遠回りしても一つ教会を眺めていきます。これはサンタ・クローチェ教会。この教会もとても立派。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そして裏路地を通りながらドゥオーモを目指します。これは日曜日にもかかわらずOPENしてた道すがらのお店。
ワイン、オリーブオイル、石鹸、雑貨などなどを売っていたお店。おしゃれな石鹸がたくさんあってヨメさんあれこれと購入してました^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

さて、ドゥオーモ近辺へ到着。。。
ドゥオーモ登頂待ちのの行列はどのくらいかなぁと思ってたのですが、、、この日はドゥオーモ登頂口はお休み。。。^_^;
ならばとジャッドの鐘楼へ登ります。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

細長い鐘楼を登ります。階段は狭くて暗い。。。これを最上段まで。。。なかなか大変です。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

さて階段を登って1つめのフロア。。。眺めが良くなってきました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

この高さだと、まだまだドゥオーモの下側。でも、教会のテクスチャーとか良く見えます。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そしてジャッドの鐘楼の頂上へ。高さ的にはドゥオーモのテラスよりも若干低いらしいですが、それでもすごい高さ。。。
俯瞰の写真では、ウフィッツィ美術館とサンタ・クローチェ教会があんなに下に見えます。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

そりゃあ、写真もいっぱい撮りたくなります^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

さて、お昼過ぎ。そろそろフィレンツェで最後の昼食です。近くのトラットリアで皆思い思いの料理を。
豆を煮た料理も名物のようでヨメ弟、ヨメパパはそれを。なんとなく野菜不足を気にしてたヨメ妹はボイルドベジタブル。
私はサーモンのクリームパスタ。こんどはタリアレッテです。あとはピッツァ等を注文して電車の時間までもぐもぐと。。。

ローマとフィレンツェで料理を比較すると、私たちの大体の意見では、、、ローマのほうが味が濃くてしょっぱい傾向。
みんなフィレンツェの料理の方がお好み(ま、日本のイタリアンの味に似てるともいえますが)だったようです。
ここのタリアレッテもパスタがモチモチでとてもおいしい。日本のように乾麺ではなく、生パスタが基本なのでこのように感じるんでしょうね。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

さて、フィレンツェ中央駅へ戻ってきました。これからユーロスターでローマへ戻ります。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

まだまだフィレンツェを観光。これはサント・スピリト教会。ミケランジェロが賞賛し、ベルニーニが「世界で最も美しい教会」と述べたといわれている教会・・・
(この手の建築やトルソで、この2人が褒めたというのはあちこちで聞きまわるお話ですね)
残念ながら、ただいまお昼休み中。。。あの丸窓を教会の中から眺めたらどんなだったんだろうなぁと思いながら移動です。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

さて、ポンテ・ヴェッキオを渡った対岸にあるエノテカ「オブセクィウム(OBSEQVIVM)」でトスカーナワインを購入。。。
予算と地名、あとはマイナー好きなので大都市や「日本ではなかなか見ないものを~」とお店の人のオススメで購入。

そして、宿に戻ってチェックインだったのですが・・・ パスポートケースがない!!!
宿の女亭主に、トランクの中も含めてもいちど探してみなよ~といわれて部屋の中でトランクとかばんをひっくり返したのですが見つからず・・・
前日の宿に問い合わせましたがそこにもなし。。。

どうやら落としたかスラれたみたいです。 かばんの中には、財布、パスポートケース、観光ガイド、センス、交換レンズ×1だけだったのですが・・・
困っちゃいましたねぇ。。。というか怖いですねぇ。。。たぶん落としたはありえないのでスラれたんだと思います-_-;
被害は・・・パスポートケース、パスポート(私、ヨメ)、帰国用のEチケット、バウチャー類。。。

まずは警察へ盗難届けを提出して盗難(紛失)証明書を発行してもらいました。
ま、これをゲットするのにもかなり悪戦苦闘し(フィレンツェの警察官は英語わかる人少ないです-_-;)疲れ果て。。。

今日はここまで。ちなみに、帰国のための渡航書を発行してもらうためには・・・

①現地警察署発行の盗難(紛失)証明書。
②本籍地のわかる身分証明書類
③購入済みの帰国便チケット(E-チケット等)
④顔写真(4.5cm×3.5cm)×2枚
⑤現金21€(1名)

が必要で、日本大使館へ電話をかけた後に出向くことが必要です。
私の場合は、運転免許書を持参してたので②はOK。ヨメさんは身分証明がないのですがこれは大使館で要相談。
宿でPCを使わせてもらってEチケットと次の宿のバウチャーを印刷させてもらったので①②③⑤はそろいました。
あとは④を何とかゲットしなければ・・・という状態までなんとかつたない英語でやりくり^_^;
宿の女亭主が英語できる人でよかったです^^

帰国は16日の便。紛失日が13、土曜日で14が日曜日、あさっての15日が祝日なので、、、大使館業務はお休みなんですよね。。。
なのであらかじめ待ち合わせ時間を指定して出てきてもらい私たちが大使館へ出向くことに。。。なかなか不安なスケジュールです。

そうはいっても、観光は続きます。テンションは1/2くらいかも。。。ま、時間だけあっても渡航書手続きは15日までできませんから。。。
(ということでここから写真減っていきます。たぶん^_^;)


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

さて夕方。トラブルがあってもお腹は減ってくるものです(ぐーぐーに減ったわけじゃないですけど食べないとね。。。)
夜の街へくり出します^^


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

こちらはサン・ジョバンニ洗礼堂からすぐのところにあるエノテカ。。。夜風にも当たりながらワインでも飲みましょう^^
お店に入ると2006-2009くらいのヴィンテージの赤ワインが10本弱、すでに開栓をされて並んでます。白はクーラーで冷やされてました。
詳細良くわからないので、Rossoでオススメは??? といった感じで注文。ボトルから小さくかわいいグラスになみなみと8分目までワインを注いでもらい乾杯。。。
店先に椅子を用意してもらって、景色を眺めながらそのままごくごくと。
パニーノや一品料理もあったみたいですが、それこそメニューが読解不能なので特にあては無しで飲んでました。

結局40分くらいでしょうか。話しながら3杯を飲んで(といってもヨメ1、私2^^)お会計は7.5€...!!!
ん?1杯2.5€だったの??? ごめん、おっちゃん。それなら料理も頼んであげればよかったね。。。な低価格。
飲んだワインが気に入ったのでおっちゃんに「ボトル持ち帰りできる???」というと「もちろん」と。。。
ヨメおじいちゃんへのお土産ワインはコレにしようと2種類購入しましたが16€と18€。お安いですねぇ。
「栓開けてく???」と聞かれましたが、「お土産に日本に持って帰るよ」といってお別れ。

日本でもこのくらいのワインを低価格で飲めるエノテカあったらもっと気軽に飲めていいですねぇ。。。
(日本だと店頭販売の2~3倍がレストランでの価格になって、グラスとなるとさらに割高ですから飲んでいられません。
別に高いワインだけがいいワインじゃないですからね。食べ物に合う、自分に合うのが値段や格よりも大切かと・・・)


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

そして夜のフィレンツェをもう一散歩。夜のドゥオーモは路の黄色い明かりとは対照的に青白く照らされていました。
彫りの深い彫刻然とした外壁は白く浮かび上がりとてもキレイ。。。
(ぱっきりと写っていなくてスミマセン。ISO1600 F1.8での撮影なもので^_^;)


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

夜10時半を回ったというのに、まだまだ人で一杯です。


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

そして、夜のポンテ・ヴェッキオ。。。隣の橋から撮影しました。この日は東から満月が昇っていて幻想的。
もちろんヴェッキオ橋の上は人で一杯です^^


D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

そんなこんなで宿へ帰宅。女亭主からは「見つかった??」と相変わらず聞かれますが、「ない。でも大丈夫。ローマでアンバサダーへ行ってくるから」と。。。
日本へ戻ってからでも良かったのですが、この日、ここで購入したワインをパシャリ。。。
すべてトスカーナのワイン。ビアンコ1本、ロッソが4本です。DOCGもボルゲリのロッソも15€程度~で購入できるフィレンツェって素敵です。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

3日目の朝、テルミニ駅からイタリア版新幹線、エウロスター(ユーロスター)でフィレンツェを目指します。
あ、この列車はミラノ行き。。。乗過ごしたいかも^_^;


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

これは後ろから。。。Wikipediaの記事によれば^_^; 車両の名前はETR500。デザインはピニンファリーナが手がけた車両とのこと。ほんとかなぁ。。。
ぜんぜん注目してなかったけど、日本のアルフェスタにとってピニンといえば影響力がデカイですねぇ。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

ともかく、私の赤いトランクと2ショットで。では行ってきます^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

この日も天気よし。。。窓がかなり汚かったのでなかなか良い写真とれなかったのですが、ブドウ畑の広がるのどかな風景。。。
もうトスカーナに入っているのかなぁと思いながら約90分でフィレンツェに到着です。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

本日の宿にトランクを預けて、フィレンツェでまず行くのはサンタマリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)です。
超広角であおってるので後ろに鎮座しているドゥオーモはほとんど見えませんね。(ジョットの鐘楼との間にちょっぴり見えています)


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G


Nikon D7000 AiAF NIKKOR 85mmF1.8

大聖堂の中は、またしても壮大な空間。。。ローマの教会ではあまり見なかったのですが、ここはステンドグラスがとてもキレイでした。
ちなみに大聖堂への入り口で約30分待ちました。。。ドゥオーモへの登場口も30-60分待ちだったようで、
大聖堂ひとつ・・・とはいえここを制覇するには半日以上必要です。。。私たちはドゥオーモ登頂は後日ということで街歩きです。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

さて、皆さんはご存知???今は日本にも上陸済みのトリノ発のジェラート屋さん、GROMです。この日も暑かったのでもちろんご購入^^
今回はカフェとフィグにしてみました。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

そしててくてくとお店を見ながら歩くこと10分強。。。この人の多い路、どこでしょう???


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

はい、橋の上です。ポンテ・ヴェッキオですね~。人が多いのと、ちょっと登っていてまっすぐにやってくると
周りの景色がわかりにくいのですが、いつのまにか橋の上でした^_^;
あの橋辺りからこちらをのぞくとポンテ・ヴェッキオが良く見えそうですね。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

振り返るとドゥオーモが。。。ココが橋の上なんて・・・やっぱ考えにくいです。


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G

橋の向こうは革製品、工芸品、ブランドショップなどなどが。。。途中立ち寄ったのはフィレンツェ名物のマーブル紙工芸のお店「イルパピロ(Il Papiro )」さん。
マーブル紙を作る工程を見せていただきました。実はこの工芸のルーツは日本にあるのだそうで。。。
水の表面にインキや炭をつかって模様を描き、和紙へ移す工芸がそのままフィレンツェへ渡ったのだそうです。。。(私の英語での理解が正しければ・・・^_^;)


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

さて、お腹が減りました。。。お昼は「イル・マガジーノ(IL MAGAZZINO TRIPPERIA)」さんへ。
ワインを飲みながらフィレンツェの名物料理、ランプレドットとトリッパをいただかないとね。
3枚目がランプレドット(牛の第4胃袋の煮込み)、4枚目がトリッパ(牛の第2胃袋、ハチノスのトマト煮込み)です。
パスタも一緒にいただきました。パスタのほうもトリッパ入っているんですがこちらは基本ジェノヴェーゼソースで若干内臓特有の匂いや味がする程度。。。
内臓が苦手な方でもパスタは食べれると思います。パスタは特有の太麺でとてもおいしかった^^


Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8G

そして隣の橋からポンテ・ヴェッキオを。。。うーん。ディズニーシーですね^_^;

このページのトップヘ